2011年09月28日

姿勢 三軸

身体の動きは

前後屈

左右側屈

捻転

の三軸を使った動きと

遠心求心の二つの組み合わせです。


体に不調がある場合に、動作分析をしてみると多くの場合動きの偏りがあります。

この動きの偏りを解消することで、身体の不快感は消えていきます。


「動診即治療」と操体法では言います。

動きの偏りがある場合、多くの場合に快適に行える動きがあります。
この快適な動きを療動と言い、体のバランスを整えることができます。

例えば腰痛などで、前後屈したときに前に倒すと痛み、後屈すると気持ちが良い(お腹が伸びるとか、腰が締まる感じがしてなど)感じがしたとします。
この場合は後屈を適度に行うことで症状が改善します。

側屈も捻転も同じです。

行うときは、姿勢を意識して行ってください。
いずれもお腹が伸びるようにというのは大事なポイントです。

タグ:姿勢
posted by satowa at 16:04| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

姿勢

姿勢について。

正しい姿勢と言うことはとても重要です。

日常がとても重要です。

立つ、歩く、座る、作業する

何気ない日常が何より大切だと感じます。


正しい姿勢のポイントは、胸を上げること。

もっと具体的に言うと胸骨を上げること。

すっと、真上に。

それだけで正しい姿勢が出来上がります。

とても自然で、無理のない姿勢ができます。


練習方法として、胸の中央を軽くコンコンと叩いてみます。

その位置を、真上から引き上げられているような感じで上に上げます。

最初はうまく出来ないことが多いので、その場合は頭を後ろに倒し顎を

思いっきり上に上げるようにします。

のどが伸びて胸が上がり、お腹も伸びる感じがしたらオッケーです。

そのまま頭だけ普通の位置に戻してください。

練習すればだんだん自然に出来るようになってきます。

タグ:姿勢
posted by satowa at 15:42| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

腰痛の治し方 2

立ったまま行うごく簡単な方法をご紹介します。

腰痛に限らず、左右のバランスを整えることが出来ます。


1、肩幅くらいに足を開いて立つ。

2、片手を上に上げる。

3、上げた方の足に重心を移動し、手を挙げ背伸びをするようにする。

4、左右どちらでも、心地良く行える方を3~5回繰り返します。


ポイントとしては、お腹が伸びるようにしてみてください。
そして何よりも心地良く行ってください。

基本的には身体が詰まっている側に不快な症状が出ます。
気持ちよく大きく伸びてほぐしましょう。

タグ:腰痛
posted by satowa at 15:33| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。